車磨き&コーティング


新車や中古車と限らず、美しいボディーを保つには何よりも正しい洗車方法を身に付けることが基本になります。
お車が汚れていると、つい「ゴシゴシ」と洗いたくなる気持ちは分かりますが、その誤った洗車方法により知らず知らず擦り傷がついてしまうということが一般のようです。

また、一度付いてしまった洗車に伴う擦り傷や雨水による水垢の付着は一般のシャンプーやクリーナーではなかなか落とせないのが悩みどころでしょう。

いつまでも綺麗な愛車を保つにはボディーが綺麗なうちにコーティングをするのが望ましいですが、ただ単にコーティングをすれば綺麗になるということではなく
車のボディーを光で照らすと無数に見える洗車傷や雨水の跡をボディークリーニングで汚れを除去した上で専用コンパウンドで特殊研磨にてリセットすることが必要です。

つまり綺麗な下地を作ってからコーティングすることが理想で擦れ傷などの除去研磨では塗装面を傷めない範囲を基本に
そして肉眼で確認できないレベルまで磨き上げたうえでコーティングを施すというのが理想です。

専門の磨きやコーティングを施すことにより新車以上の輝き!というと大げさに聞こえますが
最新な特殊研磨工程において「想像を超える美しさと息をのむほどの輝き」を提供できることでしょう!





下記画像は「BMW」

   


   


新車を購入して1年目ということですがライト周りやフロントグリル、トランクゲートなどに「ウォータースポット」がたくさん付着しており
このしつこい汚れは一般のカーシャンプーではなかなか落とせないいのが実情です!

また洗車による拭き傷、螺旋状の磨き傷も全箇所にあり塗装面は新車特有の色艶を失っておりました。

今回の施工では、新車以上の潤いを復元させるためボディー全体を専用溶剤で汚れを完全除去!
そして専用ポリッシャーで鏡面研磨を行いガラスコーティングを施しました。

施工後は、螺旋状の磨き傷も消え、最高の輝きを取り戻しました!

※洗車についてのアドバイス!
大半の傷は洗車時に付くのが殆どです。
正しい洗車方法を身につける事で拭き傷もつきにくくなりますが、ボディーが汚れる前にガラスコーティングを施すことで
汚れも付着しにくくなり、洗車時間も短縮できる他、落ちない汚れを「ゴシゴシ洗うといった荒手な洗車癖」もなくなります。

また上記ガラスコーティングを施した後の洗車方法は、とくに汚れが落ちない場合につき専用の
メンテナンスシャンプーを使用した洗車が望ましいですが普段は「水洗い」のみの洗車でOKとなります!!






下記画像は、ホンダ NBOX



洗車による擦り傷、雨水による水垢や鉄粉など、細かな不純物がびっしりと付着しておりました。
また黒いお車は、とくに「螺旋状の磨き傷」が目立ちます。。。




お車全体を専用クリーナーで汚れを除去!
そして下地処理用コンパウンドと仕上げ用のコンパウンドで鏡面研磨を施し、ケイ素系ガラスコーティングを施しました。
おそらく新車でもこのような美しいボディーは類を見ないでしょう!





ボンネットの汚れや水垢を専用クリーナーで除去した上で鏡面研磨を施しました。
濃色系はとくに磨きによる跡ができやすいので専用ポリッシャーと専用コンパウンドで磨いた上でケイ素系ガラスコーテ
ィングを施しました。







下記画像14年前のお車「日産エルグランド」



入庫時は、雨水などの不純物や地下水による黄ばみが付着しておりました。
もともとフッ素系コーティングが施されていたお車でしたが、
新たに磨き&ケイ素系ガラスコーティング施工によりとても14年前のお車と思えない仕上がりとなりました。






下記画像は「メルセデスベンツ」です。



お車は、9年前のお車ですが正しい洗車、そして正しいメンテナンスを行うことで非常に綺麗な状態を保つことが
可能です。




下記画像は新車の「スバル/レヴォーグ」です。


一般のフッ素系コーティングが施されておりますのでもちろん綺麗に見えますが、このボディーを磨き&ケイ素系ガラス
コーティングを施すと下記画像のような仕上がりになります。






ボンネットに映り込むLED灯の光を見るとわかりやすいですが、新車時の塗装面と比較すると、かなり鮮明な写り
込みが肉眼でもはっきりと確認できます。
またフロントガラスも磨きを施すことで格段に透明感がUP!
その差は歴然です!





下記画像は、曇りかかったヘッドライトの磨き施工です。(日産エルグランド)


大きなヘッドライトユニットの車で、とくに古い年式の場合ヘッドライトの黄ばみが年々目立つようになります。
研磨作業では、一般のコンパウンドでは逆に曇ってしまうため注意が必要です。
当社では、汚れ落とし専用溶剤で脱脂し、専用コンパウンドで磨くことで黄ばみを除去することが可能です。
ヘッドライトクリーニングでは専用ポリッシャーを使用しております。






当社 磨き&コーティングへのこだわり


美しいボディーを完成させるには下地処理となる研磨方法が基本で「鏡面仕上げ」を可能にするには、どんなポリッシャー機材、
どんなバフ、そしてどんなコンパウンドを使用するかで決まるといっても過言ではありません。

当社では、次世代磨き工具『低重心軽量専用ヘッド』を装着した概念のポリッシャーを導入し、次世代の磨き&コーティングを実現します!

そのポリッシャーとは。。。
エアー式に比べトルク変化が少ない電動式を使用し、塗装表面の発熱上昇を抑えたポリッシングが可能です!

なぜ『低重心軽量専用ヘッド』のポリッシャーが必要か。。。

研磨/ポリッシングとは、コンパウンドで塗装面を磨きますが、研磨剤に含まれる粒子とバフで構成され塗装を削るという事は、つまり深いキ
ズを見えなくなるまで研磨するといことが基本的な工程です。
従来のポリッシャーは、シングルポリッシャーやギヤ式が主でしたが、実際に使用してみると重心位置による問題で、ヘッド
が暴れたり削りすぎてしまったり、最悪の場合塗装を剥がしてしまうなどのリスクがありました。。。
それに伴い、肉眼では見えにくい磨きキズが付く事になり工程次第では細かいコンパウンドでさらにキズが付いてしまう結果となる。。。

研磨方法も様々で、例えばシングルアクションの回転で付いてしまうキズは、研磨粒子を細かい物にしていくと同時にシング
ルアクションからギアアクション、さらにダブルアクションという具合に機材を変えながら研磨していき、肉眼では確認できない極浅い
研磨キズで終了させるのが一般的でした。。。

今回、次世代研磨システムとして『低重心軽量専用ヘッド』を導入したのは、今まで以上の美しさを提供するために、そして過去に囚
われない最新技術を取り入れるのが最善と相まって、ここ数ヶ月に渡りデモカーで実験と試験を何度も繰り返し、結果、如何に研磨量を減らし
光り輝くボディーに仕上げられるかという課題もクリアしました。

またコーティングの種類も様々で、中には100万円もするコーティングもあるようでメーカーさんに直接お話を伺ってみましたが
金額が尋常でないため、もっと手軽に、そしてリーズナブルに美しいボディーを提供できたらと現在に至りました。

お安いコーティングは数千円からご提供可能でございますが、費用対効果はあくまでもご予算ありき!
限られるご予算で輝きをどこまで取り戻せるか、そしてその完成度はお客様の喜びの笑顔で決まります。

皆様が喜ぶリーズナブルな磨きとコーティング施工を目指し、さらなるサービスを提供できたら幸いでございます。



カーオーディオと同様に是非、車磨きとボディーコーティングのご用命もお気軽にお問い合わせくださいませ