HGC(ハイパーガラスコーティング)は脅威の滑水性能と光沢の深みを発揮します!










「磨きを極めるための当店必須アイテム」のご紹介

コーティングの仕上がりは下地処理で決まると言っても過言ではありません。

例えば車を磨くと言っても単にポリッシャーで研磨すれば良い訳ではなくポリッシャーやバフ、研磨剤や研磨方法も様々で
その用途に合わせて施工しないと大切なオリジナル塗装を痛めるだけでなくコーティングの仕上がりも変わってしまいます。

また下地作りに使用するスポットライトも重要で、綺麗な下地を作るにはどんなスポットライトを使うかによって仕上がりが左右されます。

下記画像の特殊ライトは車磨きとコーティング時に使用している専用のスポットライトですが色温度は4500K〜6500K
最大5000ルーメンまでを5段階切り替えでフレキシブルにカバーし色合いが調整できるオペレーティングシステム
により太陽光に極めて近い光を放ち蛍光灯や一般のLEDライトを当てても見えない擦れ傷を一瞬で浮かび上がらせます!

中にはこの様なライトを使うと肉眼で見え難い傷などが見え過ぎて施工に困るという方がいらっしゃいますが決してそんな事は
なく仕上がりや完成度を考えたらこういったプロセスが必要で施工時に細かな傷や汚れが見え過ぎて困ることはありません!


以上のように、コーティングの仕上がりに差が生じるのはボディーの状況を現実的にどう受け止めて施工するかによるものです。






お気軽にお問い合わせくださいませ。